大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

30Kに出場すれば…フルマラソン本番での自信につながります!

本格的なマラソンシーズンの最中、東京30Kは1月の走り込みに最適です。2月~3月は首都圏からの参加が多い大会が続きます。
日頃一人で走るだけではレース本番で結果が出ないという方にレースペースの30キロ走で体を作り、狙ったレースで結果を出せる準備をしましょう。

特徴1参加費を値下げしました!

より多くの皆さんに参加していただきたいという思いから参加費を値下げしました。
給水などの必要なサービスは継続いたしますので、ご安心ください。

参加賞も不要という方は1000円引きとなります。

特徴2フルマラソンを走りきる「脚」をつくる

30kmまで快調でも、そこからガクッと脚が重くなる……なんてことが多々あるフルマラソン。完走・快走するためには30km以降に訪れる疲労状態を疑似体験しておくことが重要です。
そこで行っておきたいのが30キロ走。アールビーズスポーツ財団の30Kシリーズは、信号のないコースで給水をとりながら走ることができるので、一人で30キロ走を行う自信がない人にもオススメです。

特徴3充実のペースメーカー!

フルマラソンの目標タイムに応じたペースメーカーが、皆さんと一緒に走ります。フルマラソン3時間~5時間ペースまで、15分刻みの設定ペースで先導します。目標とするレースペースで走ることによって現在の自身の状態が明確に!
秋のレースに向けてさらに追い込みをかけなければならないのか、より高い目標を目指すべきなのか普段の練習ではなかなか見えてこない課題が発見できます。
ペースメーカーはランナーズマイスターの有資格者なので、質問すれば目からウロコな情報がゲットできるかも!
※4時間45分完走のペース設定はありません。

特徴4ストレスフリーな大会

8:30と10:05の2回にスタート時間を分けることにより、コースはもとより会場内の更衣室、トイレ、荷物預かりなどの混雑が緩和。長い待ち時間や狭いなどといったことの(ほぼ)ないストレスフリーな大会になりました。ペースメーカーと一緒に走りたいけど、大会特有のごちゃごちゃした感じがちょっと嫌だなという方にぜひ!

協賛

  • 「アミノバイタル」│味の素株式会社
PAGETOP
MENU